20180921奄美大島b.jpg

          琉球産蛾類目録 

                    2020

琉球産蛾類目録2020について

2002年「琉球列島産昆虫目録」が刊行され、1259種の蛾類についてトカラ列島以南の島ごとの分布記録が明らかになりました。それから20年近くが経過し、この間に多くの新知見が蓄積されました。特に2011年から2013年にかけて刊行された「日本産蛾類標準図鑑」(学研教育出版)には分類情報のみならず、それまでに蓄積された資料などに基づく多くの新しい分布情報が示されています。

この目録は「琉球列島産昆虫目録」と「日本産蛾類標準図鑑」の分布情報をベースに、それ以降の情報を加えて作成しました。一部、過去に遡って採録した情報も含まれています。公開時(2020年6月4日)の掲載種は2294種です。

参考資料など

参照している主要な資料は、「蛾類通信」「TINEA」(日本蛾類学会)、「誘蛾燈」(誘蛾会)、「蝶と蛾」「やどりが」(日本鱗翅学会)、「日本の昆虫」(日本昆虫学会)、「鹿児島県立博物館研究報告」(鹿児島県立博物館)、「SATSUMA」(鹿児島昆虫同好会)、「琉球の昆虫」(沖縄昆虫同好会)、「月刊むし」(むし社)などです。公開時には2019年末までに出版された文献の情報を取り扱っています。ただし、分布上の疑義がありそうな種について、一部の掲載を保留しました。

和名・学名・配列などの分類的な取り扱いは、神保宇嗣氏を中心にとりまとめられているList-MJ日本産蛾類総目録(Ver.3が2020年4月に公開)に準拠しています。

 

本目録の範囲

分布情報の対象範囲は、大隅諸島の種子島・屋久島から八重山諸島の与那国島・波照間島までの「琉球列島」と、大東諸島・尖閣諸島です。島の並び順は「琉球列島産昆虫目録」に準拠しました。九州以北の国内分布・海外での分布域についての情報は割愛しています。

 

おねがい

記録の見落としや間違いなどのミスにお気づきの場合は、末尾に示したメールあてに御指摘ください。特に地方同好会誌、電子ジャーナルについては渉猟しきれていないので、情報提供いただけますとありがたいです。

これまでの資料収集などでお世話になった皆様に感謝します。引き続きご指導ご協力をよろしくお願いいたします。

 目次

​クガニエダシャク(波照間島)

サツマニシキ(屋久島)

ヤスジシャチホコ(沖縄島)

イチジクヒトリモドキ(沖縄島)

 
20200404国頭村.JPG

公開:2020年6月4日

2020年以降の追加記録や情報は随時更新していく予定です。その情報は訂正などと合わせて「更新情報」に示していきます。 出典・文献情報等についても今後公開していく計画です。

更新:2020年7月18日

ご指摘いただいた以下の種について、学名を修正しました。 ナカオビチビツトガ(ツトガ科)、オキナワスカシバ(スカシバガ科)。 佐々木さま、矢田さま、ありがとうございました。

更新:2020年7月17日

List-MJ 日本産蛾類総目録 [version 3]の更新(2020年7月1日)を反映し、以下の種の学名を修正しました。 アズサアサギマルハキバガ(ヒラタマルハキバガ科)、ヒメシロシダマイコガ(ニセマイコガ科)、ヤマモモキバガ、クロバイキバガ、ホシウスジロキバガ(以上キ...

琉球産蛾類目録に関するお問い合わせ、御連絡はメールでお願いします。

沖縄県那覇市泊1-35-5 有限会社ガショウ

©2020 by 有限会社ガショウ(琉球産蛾類目録本体はCC BYにて公開)Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now